ノラホイのブログ

主にゲームを中心とした雑記ブログ。たまにそれ以外も書くかも。※2/13にブログ名を変更しました

MENU

【東方LW】期限イベント「鬼とメイドとチョコレート」EX

スポンサーリンク

f:id:daishou:20210207153738j:plain

2021年最初のイベントのEXの記事です。

今までの記事はここから      

ルナティックEXの詳細が分かったので記事にするよ!

 

f:id:daishou:20210207144051p:plain

前回から時間が経ち、再びレミリアから呼ばれた華扇と勇儀。

実は萃香から「炒り豆より豆菓子(チョコレート)の方が痛くないからこれを広めよう」

という、つまり節分よりバレンタインの風習を広めようという提案があったようで、

折角だし私が主催するか!という事でした。

 

その案に乗った華扇達は早速出発します。

まず池の周辺で紅魔館に侵入していた妖精達と出会ったので配りました。

f:id:daishou:20210207144123p:plain

しかしそこから食べ物や飲み物の話題で話の収拾がつかなくなり始めました。

これを弾幕勝負で納めて豆菓子を配り、次は人里へ向かいます。

f:id:daishou:20210207144843j:plain

※「宿を取った時」とは心綺楼の事と思われます

人里へ着いた一行ですが周りからは引かれていました。

まあ鬼と吸血鬼が揃ってメイド服でうろついてるのは怖いですからね。

うぁぁぁぁぁ お・・・鬼と吸血鬼が人里を練り歩いてる

仕方ないので妖怪でも受け入れてくれる鈴奈庵へ行きます。

そこには店主の小鈴と慧音が、客として橙と藍がいました。

豆菓子について小鈴と慧音はマミゾウから、橙と藍は妖夢から話を聞いていたようです。

丁度いいタイミングだったので早速配ろうとしますが

「ただ配るだけなのは面白くないから、これをかけて弾幕勝負を挑んでもらおう」

鬼達が提案しました。頭幻想郷かよ

f:id:daishou:20210207144949p:plain

それで話が進んでいざ配ろうとしますが、

華扇が「豆菓子は妖獣が食べても大丈夫なのか」と言いました。

確かに現実でも犬や猫にチョコレートを与えるのは厳禁ですからね。

しかし咲夜がそれを見越して別の焼き菓子を用意していました。凄ェ!

 

こうして人里に配り終え帰路についた一行。

池の近くまで戻ってきましたが、急に周りの気温が急低下しました。

台車の車輪が凍る程なのでエライ寒さである事が伺えます。

f:id:daishou:20210207145109p:plain

するとレティが出てきました。ここに来てまさかの新キャラです

どうやらこの寒さも彼女の仕業のようです。

ちなみにこっちに来た理由は「豆菓子が美味くてもっと欲しいから」との事。

ふとましいとか言われかねない言動をして!

f:id:daishou:20210207150907p:plain

レティに豆菓子を渡し、紅魔館へ帰るとレミリアから報酬として

豆菓子を大量に貰いました。

ここで華扇から「これを炒り豆の代わりに投げて貰えるのか?」という

至極当然な疑問が出ます。確かにその通りですが、これに対しロス子は

その時は私がやるし、その慣習が広がるよう来年もこれをやろう!」と言いました。

この返事にだったら安心だな!と鬼達と華扇はこの慣習が広がった来年の節分を

楽しみにして、今回のEXイベントは終わったのでした。

 

戦闘ありステージ内容

・こっちの豆は甘いぞ!?

Wave1 クラウンピース 日・月・木弱点

全体CRI命中ダウン、単体暗闇2枚付与

 

Wave2 サニーミルク 火・金・星弱点 ルナチャイルド 水・土・星弱点 

    スターサファイア 日・月・金弱点

全体陽攻アップ単体耐性アップ全体耐性ダウン戦闘後スペル回復をドロップ

 

Wave3 チルノ 火・木・土弱点 大妖精 日・水・金

チルノ側単体CRI命中&陰攻アップ

 

・キャット&豆菓子

Wave1 小鈴 木・土・金弱点 

単体耐性アップ全体耐性ダウン自身CRI命中アップ

 

Wave2 橙 日・水・金弱点 藍 月・火・星弱点

全体陰攻陰防ダウン?(陽攻陽防かも)戦闘後スペル回復をドロップ

 

Wave3 慧音 火・水・土弱点

月&木属性耐性アップ?

 

・帰宅不能! 吹雪の黒幕

Wave1 レティ 日・月・水弱点

自分陽防アップ全体凍結付与相手陰防ダウン

体力減少時にHP半分回復、結界全回復

 

f:id:daishou:20210207153404p:plain

今回は最終ステージで新キャラ?のサプライズがありました。

まあこのタイミングで出ないと来年になってしまうからね・・・。

しかしEXの記事は一纏めにしている為か、文章を作るのが苦労しますね。

この記事を作るのも大分時間がかかりました。